スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

もうすぐ1年たつね 

ども M2です

そういえば もうすぐゲームプログラマーになってから1年になります
正直な話 この業界は新卒新人には辛い世界です

やれることのたかが知れてる新人の代わりなんていくらでもいるのが現状です

※以下業界1年のゆとり世代の戯言です

では どうすればその中で生き残ることができるのか
やはり戦うには武器が必要です

自分にしか出来ない 自分はこれだけは絶対の自信がある

そう言えるものがあるかないか それだけでできることが多くない新人でも前線で戦うことが出来ます

自分なんかは 高校卒業して たった2年専門学校で勉強 1年程度で就活開始で
オブジェクト指向? デザインパターン? openGL? スマートポインタ? メモリアロケータ?

_人人人人人人人人人_
> 何それ知らない! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

いや 冗談抜きでそんなレベル

でも そんな自分がなんやかんやでスマホとか3DSとかで開発をやっていけてる

今まででやったこととといえば
ツール、パッチの作成
ライブラリの調整や新機能実装
仕様調査やリソースの調整 などなど

意外といろんなことをやっていた


こんなことも ぶっちゃけた話 代わりはいくらでも居る 
別に自分じゃなくてもできる

ではなぜ自分がやれたのか

ここで武器が登場する

自分が認識している自分の武器は こんな感じ

1.コードを読み解く
2.ツールを扱える
3.自分の提案を言える

4.期待以上の成果をあげる

ざっくり言ってこんな感じ

4に関しては先輩方から言われた武器

正直な話 自分の中でまとめきれてないです

まぁいいや

まず1のコードを読み解く
これ 割と重要です
他人の書いたコードが どういう処理をしているのか、どういうことを想定して作られているのか
そういうことをコードから読み解いていく
途中でアサインされた時でも コードを読み解く力があればすぐに作業に入ることもできる
初案件が炎上中で火消し要員として投下され 半日で実装方法を把握したり ね
初動が早ければ早いほどいいこともあるんです

コードを読み解く力が上がればSDKに付いているサンプルコードを解析して
独自に開発環境に反映させたりとかができるようになるよ

伸ばすコツとしては とにかくいろんな人のコードを読むこと
自分は勝手にコメントにどういう処理なのかを書いていったりします

あとは ある箇所でバグが出た
原因はどこだろう っていうときにコードを読み解く力があればライブラリ部分まで掘り下げて確認していける
この動きおかしいぞ→ライブラリ側のバグでした 割りとあります…

まぁ
キャリア長い人のほうがもっとすごいんですけどね☆
自分が1周間かかって出来なかったことをバトンタッチしたら3日で実装された時はもうほんとね…

ほい次 2 ツールを扱える
自分はよくフリーソフトとかにお世話になります
便利なものはとにかく使って開発の役にたてたりしてます
DCCツールなんかは使えるとgood あとはミドルウェアとそれについてくるツール類も扱えるとなおよし
何故か昔からツールの類はちょっと触るだけで基本的な使い方を覚え 
1周間ほどで使いこなしたりします これも自分の武器
伸ばす方法としては いろんなフリーソフトを触ってみる ことかな
探すと面白い機能持った奴とか超便利なものとかゴロゴロ落ちてる
便利なものはガンガン使いましょう

3自分の提案を言える
例えば
「ここの実装方法なんですが ○○が△△なので☓☓にしようと思うのですが」とか
「この○○って△△ですよね ということは☓☓のほうがいいのでは □□があるので」
「これを○○したいんですが △△と同じようなことだと思うのですが☓☓な方法で出来ますかね」
みたいに とにかく自分の考えを交えて相手に提案する
そうすると相手も「あぁ こいつはちゃんと考えてんだな」っていうふうに思ってもらえる
先輩なんかは自分よりももっといい方法を知っていることが多いから
「いや そこは○○するより △△を☓☓したほうがいい」 とか
「うん それでいいと思う だけど○○は△△するとき☓☓だからそこは気をつけた方がいい」
みたいなアドバイスも貰える

ただこうしたい っていうだけじゃ最初は通るかもしれないけど
こいつ自分で考えてないんだな って思われちゃうからダメ

あとは 相手に 
「これってどうなってるの?」って聞かれた時に「○○が☓☓なので△△しました」とか言えないとおしまいだと思うの
えっと ちょっとわからないですね とか 調べます はアウト
お前が決めた、作ったとこだろ なんでお前が把握してないんだ ってなる

このへんはプログラマーもプランナーもデザイナーも みんな同じだと思う

これについてはコミュ力とかの話になるのかな? 
俺基本コミュ症ヘタレなんだけどな

4期待以上の成果を上げる
これに反しては新人の特許だと思う
新人は基本的にあんまり期待されないもんだ
だから相手の期待している以上の成果をあげる事ができれば
あぁ こいつはできるな と思われるようになる

ただ 人によって基準が変わってくるのでこればかりは運もあるんじゃないかと

※俺はなんか成果的には26~27くらいの人が出すくらいの成果を上げているらしい 自覚は無い

さて ここまでざっと読み返してみたんだけど 
こいつは何を言っているんだ 状態だw

頑張ってまとめようと思ったけど ダメだった
こういう奴は出世できないので注意な(笑)


とりあえず思ったことはゲームと同じだよね
レベルを上げて 装備を揃えて 戦う

レベルが実績 装備は自分の強み それらを鍛えて 戦う=ゲームを作っていく

だと思う

あと 体は大事にしないとダメよ?
会社に必ず体調不良で休む人が居るって 結構面白いよね

専門学校時代に先生に言われた ようこそ地獄の三丁目へ 甘く見ていた結果 大変なことになったよね

んじゃ ノシ
[ 2014/03/25 00:20 ] ゲェム業界 | コメント数(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
コメント欄にURLを記載するときに
http://のhを抜いて
ttp://にしてください
左上
ブログ内検索
プロフィール

M2

Author:M2
1992年8月20日生まれのゆとり

職業はレベル1ゲームプログラマー

skype:m2w820
PS3:izayoiM2
Twitter:wm2w

連絡用↓
m2_hmznあhotmail.co.jp
あを@に

合計観覧者数
現在観覧者数
現在の閲覧者数:
その他っ多々


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。